眉下切開で少女漫画のヒロインのような瞳に

クリニックのケアがお勧め

婦人

レーザーフェイシャルは、新宿にある美容クリニックでシミを解消する治療として導入されています。メラニンに反応する優しいレーザーを当てる事で、時間をかけてシミを消すことができるのです。ダウンタイムも無いので、安心です。

詳細へ

まぶたのたるみを改善する

医者

たるみを取る整形

人は年齢を重ねると、筋肉の衰えや肌のハリが失われることで皮膚がたるんできます。目元の皮膚も同様で、まぶたがたるむことによって目が腫れたように見えたり、目が三角形に見えてしまうことがあります。まぶたがこのような状態になると、老けて見えがちです。そんな悩みを持つ人に人気があるのが、眉下切開治療です。眉下切開をすることで、まぶたのたるみが解消されるだけでなく、目の周りにも変化が出ます。例えば、たるみを取る治療を行うことで、眉毛が下りてくるので、目と眉毛の間が近づきます。間延びした印象がなくなるので、見た目が若々しくなります。また、まぶたのたるみによって無意識に眉毛をあげることがなくなり、目を開けることが楽になったり、おでこのしわが緩和されることがあります。眉下切開治療を行うことで、いろいろなメリットがあり人気があります。

傷跡は目立たない

眉下切開治療は、眉の下のぎりぎりのラインを切開します。そのことにより、腫れが少なく傷跡が目立たないのが特徴です。もちろん、目には影響がなく、二重の部分にも傷はできません。目を整形するわけではないので、本来の目元のまま、若々しさを取り戻すことができます。また整形したことがばれにくい治療といえます。そして、持続効果は半永久的に続くといわれています。また、眉下切開は、他の治療と組み合わせて、より理想的な目元を作ることもできます。眉下切開で二重まぶたを作ることができませんが、同時に施術することも可能です。医療機関によってできる施術内容が異なる場合があるので、希望があれば相談してみることがおすすめです。